スポンサーリンク

Cocoon:ローカル環境のデータをサーバーに移行するのに苦労した話

ホームページ作り/IT

はじめに

今回は、Cocoonを使ったサイトをローカル環境で作った後に、そのデータをレンタルサーバーに移行するのに苦労した話について書きます。
結論から言うと、スムーズにデータを移動することができなかったのは、「データが大きすぎたから」なんです!
ここでは、その解決方法も書いていきます〜

そもそも、なぜローカル環境でサイトを作るの?

まず、「そもそも、なぜローカル環境でサイトを作るのか?」についてお話しします。
サイトを作るからには、インターネット上に公開するのが最終的な目的ですが、テスト用としてインターネット上で第三者からアクセスされない「ローカル環境」を作るのがオススメです。
ローカル環境を使っていろいろなテーマを試してみて、自分の理想のサイトを構築してから、インターネット上に公開しましょう〜

ローカル環境では主に

  • タイトルやキャッチフレーズを設定
  • 必要となるプラグインをインストール
  • テーマをインストール

などを行います。

1つ1つの投稿や固定ページの作成などは、データをレンタルサーバーに移行した後に行いましょう。

Cocoonを使ったサイトをデータ移行する際の注意点と方法

ローカル環境でCocoonをテーマとして使った場合、データ移行をするときにちょっと困ったことが起きてしまいます。
それは、「データが大きすぎて移行できない」ということです…..

では、どのようにデータを移行すればいいのでしょうか??

①まず、ローカル環境で「All-in-One WP Migration」をインストールし、「エクスポート」をクリックします。
②「エクスポート先」→「ファイル」をクリックし、ダウンロードします。
③次に、レンタルサーバー側のWordPressに「All-in-One WP Migration」をインストールし、「インポート」をクリックします。
④「インポート元」→「ファイル」をクリックして、先ほどエクスポートしたファイルを選択します。

するとここで、「データが大きすぎてエクスポートができない」となってしまいます。

出典:All-in-One WP Migrationのインポート可能ファイルサイズが512MBから30MB等へ減少した件について | ウェブマガジン カミナリ | 鳥取県米子市のホームページ制作・広告代理店・デザイン

そこで、次の操作を行なってください。

https://import.wp-migration.com/で「Basic」のほうのプラグインをダウンロードします。
②次にダッシュボードから「プラグイン」→「プラグインのアップロード」をクリックして、先ほどダウンロードしたファイルをアップロードしてください。

プラグインを有効化すれば、先ほどうまく行かなかったエクスポートができるようになります!

まとめ

いかがでしたか?
データ移行をする際につまづいてしまった場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!
では、また〜👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました